FX会社を比較する

スプレッドで比較する スワップポイントで比較する 通貨ペアで比較する
トレードツールで比較する モバイル対応で比較する 1000通貨単位以下で比較する

テーマで学ぶ

FX初心者はこちら テクニカル分析はこちら ファンダメンタル分析はこちら MetaTrader4はこちら 確定申告や税金はこちら

管理人も使っているオススメのFX会社

DMM FX
DMM FXは、私がメインで使っているFX会社です。FX口座数が国内第1位(DMM.com証券合計)のFX会社です。
業界最狭水準のスプレッドはもちろん、スマホトレード、ツールが充実しており、初心者からプロデイトレーダーまで好評です。また、FX業界初のLINEカスタマーサポートなど手厚いサービスもあり、初心者の方は、DMMFXで口座を開設してみましょう。動画でわかるFXセミナーもあります。
DMM FXの口座開設はこちら

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、取引高が世界第1位で、取扱通貨ペア全てが業界最狭水準の低スプレッドを実現している人気のFX会社です。
高機能で使いやすい取引ツールが特徴で、私は、GMOクリック証券のトレードツールを使うようになって、FXで勝てるようになりました。
スマホアプリが充実しており、外出時の取引も安心です。
GMOクリック証券の口座開設はこちら

FX初心者向けコンテンツ

チャートの基本的な見方

為替取引は、まずはチャートの見方がわからないと、いつ売買すれば良いのか判断することができません。株取引をやったことがある人なら良いですが、為替取引が人生初の投資という人は、取引を開始する前にチャート分析力を身につけましょう。

注文方法・口座管理画面

FXの注文方法は、IFO注文、IFD注文、トレール注文など特殊な注文方法がいくつかあります。成行と指値だけでも大丈夫ですが、スマートフォンや携帯電話から注文する人は、回線が途中で切れても問題がないように、新規注文と決済注文を同時に出しましょう。

トレード全般の疑問

FXはレバレッジが高く怖いイメージを持っている人も多いと思いますが、デモトレードから始めてみると怖くないことがわかると思います。レバレッジを5倍や10倍に下げることもできます。証拠金維持率を高くしてリスクを下げればそれほど危険な投資ではありません。

通貨ペアごとの特徴

FX会社によって取り扱っている通貨ペアが違いますが、ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ポンド円、NZドル円、ユーロ米ドル、ポンド米ドルなどはほとんどのFX会社が取り扱っています。通貨毎に値動きの特徴がありますので、過去チャートを見て勉強しましょう。

FX初心者が利益を出す方法

FXを始めたばかりの頃は、100%勘で売買している人も多いですが、運だけで勝ち続けられるほど甘くありません。テクニカル分析でチャートの動きを予測して、ファンダメンタル分析で世界経済を把握し、売買タイミングを探り、勝率を徐々に上げていきます。

基礎知識・用語解説

為替取引をしたことがない人は、まずは為替に関する知識をつけたり、見慣れない用語について覚える必要があります。知識があれば絶対に勝てるわけではありませんが、ビギナーズラックはいつまでも続きません。メンタルを強くするためにも知識が必要です。

FXトレードする時に役に立つコンテンツ

主なトレンド系指標

トレンド系指標として有名なのが、ボリンジャーバンドや移動平均線、パラボリック、ピボット、エンベロープなどです。テクニカル指標は1つだとダマシが多くなりますので、自分のトレードスタイルにあった複数の指標を組み合わせてエントリータイミングを探ります。

主なオシレーター系指標

オシレーター系指標として有名なのが、MACDやRSI、ストキャスティクス、CCIなどです。オシレーター系は、買われすぎや売られすぎを判断する材料になり、特にレンジ相場で効果を発揮しますので、トレンド系指標と組み合わせて使うようにしましょう。

具体的なトレード手法

具体的にどのようにテクニカルを使って取引するのかを解説します。それぞれの指標に買いシグナルや売りシグナルがありますが、100%機能するテクニカルはありませんので、その時の相場で効いている指標を元にトレードしていきます。

スプレッド・手数料の安さ

FXは取引手数料が無料の会社が多いですが、スプレッドと呼ばれる買値と売値と価格差が手数料のようなものになります。FX業者によって、スプレッドの幅が全然違いますので、自分が良く取引する通貨ペアのスプレッドが低い業者を見つけましょう。

スワップ金利が高い通貨

昔はどの通貨もスワップポイントが高かったのですが、2008年のリーマンショック以降は世界経済が良くないので、各国の金利が下がっており、スワップ金利もあまり付かなくなっています。ただ、ランド円や豪ドル円、NZドル円などは今でもスワップが高めです。

ロスカット・利益確定方法

投資全般に言えることですが、早いロスカットと利益を伸ばすことで、資産を増やすことができます。含み損をいつまでも塩漬けしたり、値が下がったからと言って難平買いしていると、損失が拡大するだけです。売買ルールに則り機械的に売買していきましょう。

ピックアップコンテツ

FXコラムで過去を振り返る

コラムでは、ニクソンショック、カーターショック、プラザ合意などの過去の為替相場に大きな影響を与えたことや、ドル円やユーロ円が暴落する原因になったユーロ危機やアジア通貨危機などの世界的な経済ニュースを取り上げています。

10万円から始めるFXブログ

FXブログでは、実際に毎日の取引状況を報告しています。メイン口座とは別に、10万円の口座をどれだけ増やせるのかを実験しています。資金が少ないと勝つのが難しいですが、1万通貨や2万通貨持てるので、10倍目指して頑張ります。

くりっく365(取引所FX)

くりっく365とは、取引所FXのことで、一般的に利用されている店頭FXとは仕組みが違います。2011年までは、税制優遇があり利用者も多かったのですが、2012年からは店頭FXも、くりっく365も同じ税率になったので、現在は店頭FXを利用する人が多いです。

FX以外の外貨金融商品

FX以外にも外貨金融商品は沢山あります。外貨建てMMFや外貨預金が有名ですが、他にも外貨建て生命保険、外貨建て個人年金保険、バイナリーオプション、CFD、外国株式、外国債券など様々な投資商品を日本で買うことができます。

バイナリーオプション取引

バイナリーオプションは、為替取引に関係する金融商品ですが、ハイアンドローやレンジと呼ばれるシンプルな取引になっています。ハイ&ローは、これから為替レートが上がるか下がるかを予想するもので、当たれば資金が2倍になります。

CFD取引の仕組み

CFD取引は、差金決済取引のことで、売買した時の利益や損失などの差額の部分だけを決済する取引のことです。為替、株価指数先物、商品先物、原油、金など様々な商品が取引できます。くりっく株365と呼ばれる取引所CFDもあります。

サイト更新情報

新着記事

2015/04/04
4月3日のアメリカ雇用統計発表でドル円が急落
2015/03/19
FOMCの声明発表でドル円が120円割れ、ユーロドルは上昇、アメリカ市場は暴騰
2015/03/07
3/6米雇用統計:ドル円は上げアメリカ株式市場は暴落
2015/02/23
FX初心者はDMMFXとGMOクリック証券がおすすめ
2015/02/07
2/7米雇用統計:結果が良くてドル円が119円を突破
2015/01/20
スイスフランの大変動で損失発生・破綻したFX会社と日本国内のFX会社の状況
2015/01/16
ユロスイの為替無制限介入終了で為替市場が大変動
2015/01/10
1/9米雇用統計:アメリカ株式市場と原油チャート
2014/12/15
Avastが原因でHYPER SBIが使えなくなる時の対処法
2014/12/11
120円突破後に数日で117円とボラが大きい為替市場
2014/12/10
FXの投資資金や追証資金をカードローンで用意する
2014/12/09
バイナリーオプションの始め方
2014/12/06
12/5米雇用統計:発表でドル円が121円を突破!
2014/12/05
ドル円が7年4ヶ月ぶりに120円を突破
2014/09/18
FOMC発表でドル円が108円を突破
2014/09/06
雇用統計が予想より悪く一時ドル円が105円を割り込む
2014/09/05
ドル円が105円を突破し年初来高値を更新
2014/09/05
バイナリーオプション取引ができる国内のFX業者
2014/08/21
FOMC議事録公表でドル円が103円台後半へ上昇
2014/08/09
武井壮がバイナリーオプションに挑戦し華麗に5万円負ける
2014/08/08
HFの換金売りとイラクへの空爆承認で円高・株安
2014/08/07
GPIFの日本株配分20%超のニュースで日経平均は反発
2014/08/07
日本市場は続落、ドル円は102円割れ
2014/08/06
日本の新興市場が急落しアメリカ市場も軟調

このページの先頭へ